きちんと事前に調べてから制服を売らないと、制服買取で失敗することがあります。

○ランキングサイトで上位だった
○高額買取と謳ってるしクチコミが良さそうだった
○買取相場が高かった

 

こういった視点だけで制服の買取店を選んでしまうと、ちょっと危ないかもしれません。
このサイトでは実際に制服買取について「徹底調査」したので、その結果をご紹介したいと思います。

こんなクチコミを信じちゃダメ

制服の買取店のお勧めランキングとかってサイトがあります。
こういったランキングサイトですが、その順位の根拠って何なのでしょうか!?

実態は広告費です。
どんだけたくさんの広告費を払うかで、順位は違ってきます。
ぶっちぇけ、運営元へたくさんのお金を払う業者が1位です。

もちろん、きちんとした業者もあるんだけど、
なかには取引しちゃダメな制服買取業者もあるんです。

取引注意な制服買取業者の見極め

高額買取と謳ってるが、送料・手数料がかかる買取店もあるんです。
査定フォームから依頼すると、「○万円」とか「~○万円」みたいな査定結果が届きます。

「結構高く売れそう」

ランキングで上位だし良さそうだから、売ることを決めたとします。

 

送ったら最悪な対応

制服をそろえて業者へ送ります。
このときの送料は業社負担のため、費用は0円です。

しかし、その業社からの回答は「シミ・汚れ・ホツレ・テカリ」があると理由を付けて
「本来は○万円でしたが、○千円になります。」という結果になるんです。

つまり、メール査定・ホームページの査定金額が高いのに
実際の本査定金額は大幅にダウンする業者があります。

本当に制服の程度が悪いということで、下げられるケースはどこの業者もあります。
しかし、そのような場合は正当な理由で査定を下げます。

もちろん、査定が下がるんだから返品にも応じてくれます。

が、ヤバイ業社だと返品を依頼すると、「送料・手数料が数千円」と言われちゃいます。

つまり、最初から金額を下げるつもりで高めの査定金額を出してるんです。

 

こんな制服買取業者じゃなきゃ使っちゃダメ

制服の買取業者を選ぶときは絶対に以下の基準を満たした業者を使いましょう。

○送料・手数料が完全無料

送料は送った場合だけでなく、返品(買取キャンセル)でも無料じゃなきゃダメ。
このことは明確に記載されてないお店もあるため、実際に買取依頼して送る前に確認しましょう。確認事項は、「送料・手数料・キャンセル料」です。

○電話番号が記載してある

こんな当たり前すぎることですが、制服の買取業者のなかには電話番号が記載ナシのところもあります。もしくは、書かれていても目立たないように小さく記載されています。

電話番号の記載ナシな店は言うまでもなくNGです。

できれば、売る前に実際に電話してどういった対応なのか、確認しましょう。

○住所が曖昧

運営元は法人ではなく、個人名義で買取している業者もあります。
その場合、きちんとした所在地が記載されてない制服業社もあります。

本当にその住所が実在するのか、また、その住所は正確な情報なのか確認しょましょう。

たとえばですが、
「レンタルオフィスでないか?」
「マンションなのに部屋番号が記載されてない」

 

など、何らかの住所を偽ってる業者もあるため、そんな制服買取業社は迷わずパスです。